基本姿勢

村上市が掲げる政策に、「市民協働のまちづくり」として、地域と行政がお互いに知恵を出し合い、地域の特性を活かした活力ある地域づくりをすすめることが掲げられています。

本計画は、平成24年度から計画された第一次計画を見直し、より良い山辺里地区を目指すために、市民協働のまちづくりをすすめる上での中心的計画として位置づけ、お互いの助け合いやふれあいを大切にして地域固有の資源や特色を活かしながら、山辺里地区のみんなが「幸せ」を感じながら暮らせる地域づくりのための中長期的な指針となるものです。

スローガン

あふれる緑 つながる和 生き活きさべり

山辺里地区の象徴である自然豊かな環境の中で、人と人とがふれあい助け合う輪を広げながら、活力をもって生きていくこと表しています。

理想の山辺里地区

平成27年から行った「各集落の区長や公民館長、文化祭来場者を対象としたアンケート」、「中学生、働く世代、シニア世代が集まって話し合いを行ったワークショップさべり場(ば)」の資料を基に第2次まちづくり計画策定委員の皆さんが、「理想の山辺里地区」について話し合いを行い、下のイメージ図をつくりました。

上記の話し合いを文章化したものが、下のとおりです。

 

①人々の生活、環境、生活基盤において、安心・安全の環境があり、いつまでも住んでいたいと思える山辺里地区

 

②伝統行事、地域行事、文化活動やスポーツ活動などを通じて人と人、企業、団体がふれあう山辺里地区

 

③地域に住む人が魅力に気づき、誇りを持って自らの地域を発信し、地域外の人が訪れてみたいと思う山辺里地区

 

④次代の地域を担う若者が、地域の課題を解決するために活躍し、次々と新しいリーダーが生まれる山辺里地区。

推進方針・方策

誰もが安全・安心なくらしができる取り組み

人々の生活に関わる安全・安心

  • 高齢者にやさしいまちづくりの推進
  • 災害に備えた地域づくり
  • 安全に対する知識の共有
  • 健康に関する啓発活動

地域環境における安全・安心

  • 環境教育の実施
  • 美化活動の実施
  • 地域内の環境調査、監視

人と人とのふれあい活動を活性化させる取り組み

集落行事や伝統行事の活性化

  • 伝統を後世に伝える取り組み
  • 集落活性化事業の実施
  • 企業と連携した取り組み
  • 交流の場づくり

スポーツや文化活動を通じた交流の活性化

  • 文化活動の推進
  • スポーツの推進

地区の魅力を発掘、発信し地区外との交流を促進する取り組み

地域外との交流を活性化させる

  • 地区外の人と交流する取り組み
  • 地域の産業を活かしたコミュニティビジネスの検討

地域の魅力を発掘、発信する

  • 地区の魅力を発見し、内外に発信する取り組み

次世代のリーダーを育成する取り組み

若者が活躍する場の創設

  • 若者が活躍する機会の検討
  • 若者による組織づくりの推進

理想の将来像実現のための実施サイクル

毎年度「Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)」サイクルで事業効果を検証し、理想の将来像の実現を目指します。また年度ごとに次の段階を経て、次のまちづくりへとつなぎます。

計画段階(平成29年度)

  • 専門委員会(ワーキンググループ)において、理想の地区の実現のために、事業計画の指針に基づいた具体的な方向性と実施事業の具体策を考えます。
  • 具体策について、事業効果と重要度を評価した上で、手順と行動計画を立てて実施できる事業から順次展開していきます。
  • 平成30年度から平成31年度の実施事業の年次計画を立てます。

実施段階(平成30年度~平成31年度)

平成29年度に立案した事業計画に基づき、山辺里地区固有の資源や特色を活かした事業の取り組みを実行します。理想の将来像と現実とのギャップを解消する具体策(真因)について、手順と行動策を考え事業を立案し実行します。

発展段階(平成32年~平成33年度)

この頃になると、社会情勢や地域ニーズの変化などから、計画の見直しが必要になります。地区や組織の問題点を洗い出し、より充実した地域づくりを進めるための組織へと生まれ変わる準備を行います。 

まちづくり計画

こちらから、ダウンロードできます

山辺里地区まちづくり協議会 第2次 まちづくり計画
市民協働のまちづくりを進める上での中心的計画として、山辺里地区のみんなが「幸せ」を感じながら暮らせる地域づくりのための中長期的な指針
saberikeikaku02.pdf
PDFファイル 1.1 MB

-参考- 第1次山辺里地区まちづくり計画(平成24年度~平成28年度)

山辺里地区まちづくり協議会 第1次 まちづくり計画
※第1次の計画は終了しています。
keikaku.pdf
PDFファイル 76.6 KB